ペット向けのスマートホーム自動化機能

ペットのお世話にも役立つ Google Home の機能

おすわりしている笑顔のゴールデン レトリバー おすわりしている笑顔のゴールデン レトリバー

ペットの快適な暮らしをサポートする Google Home の機能

あなたの家と家族全員の生活をサポートする Google Home。ペットの生活も快適に。

Google が、ペットも快適に暮らせる、すべてがシームレスに連携されたスマートホームを作るお手伝いをします。

ペットにも優しいスマートホームを実現するには

Google Home の自動化機能が、あなたにとってもペットにとっても楽しく快適な暮らしのアイデアを実現します¹。

自動化の設定は Google Home アプリで簡単に行えます。より高度な機能を使いたいときは、Google Home for web の スクリプト エディタで機能をさらにカスタマイズできます。

Google Home アプリやスクリプト エディタで作成できる、ペット向けのおすすめ自動化機能をいくつかご紹介します。

概要

Google Home が快適にするのは人間の暮らしだけではありません

ペットも快適に暮らせるように、7 つの自動化機能を用意しました

お気に入りの機能や新しいアイデアを Google Nest Community フォーラムでお知らせください

所要時間:約 5 分

一日の終わりを明るく照らす

ペットの不安を和らげる

日の入りに合わせて自動的に照明を点灯。

家に帰るのが遅くなったとき、誰もいない暗い部屋にペットがポツンと座っている状況だけは想像したくありません。日の入りに合わせてリビングルームや寝室の照明を点灯させ、ペットが明るい場所で過ごせるようにしましょう¹。

自動照明によってペットは不安が和らぎ、もう少しすれば飼い主が帰ってきてソファで遊んでくれたり、何かごほうびをくれたりすることがわかります。

スマート電球を購入

自然環境を再現

自然に近い環境でペットを飼育

トカゲのケージ内の照明を設定して、日中は活発に活動し、夜間は眠れるようにする。

ペットのトカゲは、ケージ内の照明を自然に近い環境にしてあげると快適に過ごせます。日中は明るく、夜間は暗い照明を好みます。

スマートプラグをケージ内のバスキング ライトに接続して、日の出に照明を点灯し、日の入りに照明を落とすように設定すれば、トカゲが好む環境を整えられます¹。これによって、トカゲの起きている時間がより快適になり、睡眠パターンも改善されます。

スマートプラグを購入

節電しながらペットは快適に留守番

ペット用ベッドを暖かく

家に誰もいないときは、節電しながら、あったかパッドをオンにしてペットが快適に留守番。

寒い時期は、特に誰も家にいないとき、暖房をできるだけ有効に使いたい。でも、ペットには暖かく過ごしてもらいたいものです。

在宅と外出のルーティンでこれを実現しましょう。最後に家を出る人がエアコンをエコモードに設定し、ペット用あったかパッドに接続したスマートプラグをオンにします¹。そうすれば、節電しながら、ペットがまどろむ場所を常に用意してあげられます。

スマートプラグを購入

通り道を照らしてあげよう(ただし、暗めに)

ペットが安全に動き回れるように助ける

低い位置に取り付けたモーション検知機器を使って、夜に廊下や室内で薄明りをつけることができます。

ペットの猫や犬は夜に家の中を動き回ることがよくあります。不審な物音に気付いて、確かめようとしているのかもしれません。

廊下でペットの体高くらいの位置で動きを検知したときに、20% の明るさで照明を点灯させるよう設定してましょう¹。こうすると、夜でもペットが安全に動き回れて、飼い主も安心して静かに夜を過ごせます。

Google Nest カメラを購入

アラーム音を鳴らす

愛鳥の安全を守る

鳥がかごの外に出たら、カスタム通知を送信。

自由に家じゅうを飛び回れたら、ペットの鳥たちは楽しいはず。でも家に誰もいないときに、その状況は望ましくありません。

そんなときは、鳥かごのドアにコンタクト センサーを取り付けましょう¹。ドアが開くとカスタム アラートが送信されるので、急いで家に戻って対処し、愛鳥の安全を守ることができます²。

スマートセンサーを購入

お楽しみのテレビタイム

ペットが退屈しないようにしましょう

ペットが留守番のときに、ペット向けのテレビ番組をつける。

家族全員が外出して誰もペットと一緒に過ごせない日は、リビングルームでペット向けのテレビ番組をつけて楽しませてあげましょう。

自動化すれば、家が外出モードのとき、カメラがペットを検知すると Chromecast³ がオンになります¹。家に誰もいないときでも、ペットが退屈しないで過ごせます。

Google Chromecast を購入

ごはんのベルを鳴らす

忘れずにペットにごはんをあげましょう

ごはんの時間をすぎても容器を開かなかったら、カスタム通知を送信。

ペットのことをどれだけ大切に思っていても、ごはんをあげたかどうか、わからなくなってしまうときがあります。自動化すれば、ペットのごはんのあげ忘れがなくなります。

ペットフード容器にコンタクト センサーを取り付けるだけ¹。ごはんの時間を過ぎても容器が開かない場合に通知を送るよう設定できます²。こうすれば、どんなに忙しくても忘れずにごはんをあげられます。

スマート センサーを購入